正しい着け方を知る|育乳ブラで理想のバストに変身|スタイルを良く見せられる

育乳ブラで理想のバストに変身|スタイルを良く見せられる

正しい着け方を知る

胸に触れる人

胸を綺麗に大きくできる育乳ブラですが、正しい着け方をしなければ効果を期待することはできません。サイズぴったりのものだったとしても間違っていれば、全く意味がないでしょう。ですから、育乳ブラを活かしたいのなら正しい着け方を覚えましょう。
その方法というのは、まず前かがみになってストラップを腕に通します。そのままの状態でブラのホックを止めます。人によっては、先にホックを止めてしまったら意味がないのではないかと心配する人もいますが、育乳ブラもブラジャーも先にホックを止めないとブラのカップに胸を収めることが難しいのです。次は前かがみの状態のまま背中のお肉をいったん斜めに下げてバストへ向けてアンダーにあるお肉と一緒に斜め上に引き上げるようにします。そうすることで、脇や背中の脂肪をブラのカップに収められるようになります。最後の仕上げは、カップワイヤーを支えてそこに集めたお肉を安定させて整えます。

育乳ブラのワイヤーは、広くなっていますので思っている以上に寄せ集められます。できるだけ収められるように集めるのが、育乳ブラを装着する時のポイントになります。他にも、低い位置に装着しない、斜めに着けない、脇に沿ってストラップの位置がきているかなどといったポイントを押さえておくのも忘れないで下さい。これを頭に入れて育乳ブラを装着すれば、理想の胸へと育っていってお洒落なども今まで以上に楽しめるようになるでしょう。